2012年9月29日土曜日

今週のbandcamp 120929

今週聴いたbandcampの中から特に気になったものを紹介(^^
いや、紹介というよりも個人的に気になったアルバムをメモっておく備忘録!

今週は「すっかり秋になったなぁ」という心情のもと・・

琴線に触れてきたアルバムを取り上げてみます~

一言コメントは僕の独断と偏見込みの主観的感想になりますので・・
どうかその点だけは御了承頂ければと思いますm(_ _)m
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
サンプリングのループを主体として作ってるのだけど、これって自分でやろうとするとメチャメチャ難しいんです(僕だけ?) 繰り返しが気になっちゃって、変化をつけるためにドツボにハマルんですorz 今までに同系統のアルバムを取り上げた事があったけど、それらも合わせて秋の夜長にこれを聴いて勉強しようと思った一枚でした(^^;;   
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
収録曲数だけを見るとミニアルバムなのだけど、内容はとても濃いです。特に1曲目は曲の雰囲気といいサウンドといい個人的にはかなりのツボで、この1週間は一日一度は絶対聴いてるという曲(^^ このアーティストはフルアルバムもbandcampでリリースしているのだけど、そちらも独特な雰囲気の音世界を持ったアルバムでオススメです!

2012年9月28日金曜日

Detroit Symphony Orchestraのネットライブ中継 9/30

今回は演奏会のライブ中継になります!
 Opening Weekend: Joshua Bell

時間はここで確認出来ます→
んで、9/1の午前4時っていうかなりの早朝の放送(^^;;

だが!!
プログラムはオール・バーンスタイン!!っていうかなり野心的なものなんです!
自分は早起きプランで行く予定ですが・・
まぁ、ガンバリマショーという思いが正直ありますw
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■Program Information
Leonard Slatkin, conductor
Joshua Bell, violin
Sasha Cooke, mezzo soprano

BERNSTEIN Divertimento for Orchestra

BERNSTEIN Symphony No. 1, "Jeremiah"
BERNSTEIN Overture to Candide
BERNSTEIN Serenade

2012年9月22日土曜日

今週のbandcamp 120922

今週聴いたbandcampの中から特に気になったものを紹介(^^
いや、紹介というよりも個人的に気になったアルバムをメモっておく備忘録!

今週は普通に聴いて気になったものを取り上げてみます~


一言コメントは僕の独断と偏見込みの主観的感想になりますので・・
どうかその点だけは御了承頂ければと思いますm(_ _)m
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
う~ん、、真夏に聴きたかったw こういうラテンノリの曲はどうしても暑い気候な印象が強くて、そんなことをフト思ってしまうでした(^^;; 曲はというと、コーラスにブラスにパーカッションをふんだんに使った物凄~く贅沢なアルバム!アルバム最後にしんみりくる感じの曲を持ってきていることに、個人的にはグッとくるものがありました。構成感重要デス!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
iアプリのゲームのサントラです。収録曲数は4曲と少ないけれど、のほほんとした曲調がBGMとして非常に良くまとまっていて音楽の質はかなり高いと思います。作曲者はEdgeっていうゲームの音楽も手がけていらっしゃる方で、もしかしたらそちらの方を好きっていう人が多いんじゃないか?とも思うのだけど(^^;; その可能性があるからこそ、余計にこちらのアルバムを取り上げたい!

2012年9月16日日曜日

Detroit Symphony Orchestraのネットライブ中継 9/14-9/17


先週に引き続いてDetroit Symphony Orchestraのネットライブ中継のお知らせメールが届いていました(^^ 現地時間で9/17まで視聴できる模様です。

Detroit Symphony Orchestra Encore Broadcast On Demand

http://www.dso.org/videoReg.aspx
(視聴するには若干の個人情報入力が必要です)


演奏プログラムは下記、「Final Alice」という曲はこのプログラムを見て初めてしったのですが(^^; 曲名からして非常に気になる演目だな・・と。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■Program Information
Leonard Slatkin, conductor
Craig Fahle, narrator
Hila Plitmann, soprano

PROKOFIEV                    Peter and the Wolf
DAVID DEL TREDICI          Final Alice

2012年9月15日土曜日

今週のbandcamp 120915


今週聴いたbandcampの中から特に気になったものを紹介(^^
いや、紹介というよりも個人的に気になったアルバムをメモっておく備忘録!

今週、Double Dragon Neonというゲームが発売されまして・・

タイトルを見てお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが(特に僕と同年代w)、
ゲームの発売とほぼ同時にサントラもリリースされたのでチェックしてみたら、
「む、これは素晴らしい!」という仕上がりでしたので・・
今週はそれをとりあげてたいと思います(^^

一言コメントは僕の独断と偏見込みの主観的感想になりますので・・
どうかその点だけは御了承頂ければと思いますm(_ _)m
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
原曲の良さを破壊せずにとても良くアレンジされていて、そういった面では原曲重視とも言えるのだけど、ただの原曲原理主義に陥らない現代的なテイストも盛り込んだ非常に手の込んだ素晴らしいアレンジになっています!(^^ それと、歌物系の楽曲が幾つか収録されていますが、こちらも元のゲーム制作年代を考慮した80年代的なテイストを持った感じの曲で、曲自体の素晴らしさもさることながら、その気配りに感激を覚えずにはいられません。
 で、おっさんホイホイ的な話ではあるのだけど、この原曲の良さを残しているのが相当効いていて、曲を聴いていると中学生の頃に駄菓子屋の軒先で2P同時プレイを友人たちと交代交代でプレイした時の記憶なんかが蘇ってくるんですね(TT
 ゲーム音楽だけではないけれど、曲を聞いた瞬間にその曲を聴いていた頃の記憶がフッと蘇ってくるのは、音楽の持つ特別なチカラの一つだな・・というのを再認識した今週でした(・_・

2012年9月9日日曜日

Detroit Symphony Orchestraのネットライブ中継 9/7-9/10

久しぶりにDetroit Symphony Orchestraのネットライブ中継のお知らせメールが届きました(^^ 現地時間で9/10まで視聴できる模様です。

Detroit Symphony Orchestra Encore Broadcast On Demand

http://www.dso.org/videoReg.aspx
(視聴するには若干の個人情報入力が必要です)


演奏プログラムは下記、ナカナカ面白そうです(・∀・)!!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
■Program Information
Leonard Slatkin, conductor
Robert deMaine, cello

RAVEL                    La Valse
CINDY McTEE          Symphony No. 1: Ballet for Orchestra
JOHN WILLIAMS       Cello Concerto
RESPIGHI                   The Pines of Rome

2012年9月8日土曜日

今週のbandcamp 120908

今週聴いたbandcampの中から特に気になったものを紹介(^^
いや、紹介というよりも個人的に気になったアルバムをメモっておく備忘録!

ちょうど今、海外でiGame Music Bundleというキャンペーンを開催中でして、
その中で聴いてみて面白かったものを3枚いきます!
今まで4枚づつ紹介してきたけど、4枚目を選ぶのがシンドイ時が度々ありまして、誠に勝手ながら今回から1度に3枚ルールで行こうと思います(^^;;;

一言コメントは僕の独断と偏見込みの主観的感想になりますので・・
どうかその点だけは御了承頂ければと思いますm(_ _)m
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
chiptune的なサウンドを主にしつつ・・それだけでは軽くなりがちな部分を、chiptuneでないシンセサウンドで補い重さとサウンドの広がりを出していて、それが音楽的な面から見ても原理主義的chiptune的世界に留まらない新鮮さを持った仕上がりになっているように感じました。ゲームの動画も見てみたのだけど、これがまたちょっと遊びたい感じになってるのがまた何とも(^^;; - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
またまたパズルゲームの音楽(^^;。そして、これもchiptune的なサウンドが主になっているのだけど、日本のゲーム音楽だと『ただchiptuneで終わり』という事が多いような気がしているので、こういうのは新鮮だな~と思いつつも、1つ前に紹介したアルバムでもそうなのだが、chiptuneに何か他の要素・・生楽器等を入れ込んでくるのが海外では既に常套手段というか市民権を得ているのかな?と。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Polymer」と迷ったのだけど、それ選んじゃうとchiptune的なの3連発になるので悩みに悩んでこちらをpickup(^^; で、動画を見ると日本人にとっては割とお馴染みなんじゃない?という印象もある画面のSLGなのだけど、音楽が物凄~くリッチで驚いてしまいました。曲数も多いので質と量ともに満腹感を味わえるサントラです!まぁ、ハリウッド的オケ楽曲と言われればそうで、そういった傾向の楽曲は最近至るところで耳にするから正直「もういいよ!」と思うことが度々有るのも事実なのだけども・・、それでも聴くと「おおっ!」ってなってしまう自分がいるw だけど、そろそろ違う手法を探しださないと駄目なんだろうな・・っていう自戒も感じたのだした(・_・;; 

2012年9月7日金曜日

9/8と9/9は鴨川の合同祭

僕も子供の頃に山車を引っ張ったりした鴨川の合同祭が今週末にあります~(^^

鴨川ガイド協会秋の企画ツアー「鴨川・秋の祭り」(かもナビ)

文章だけだとイマイチどんなものかわからないと思いますので、
youtubeに上がっていた動画を幾つか貼っておきます(^^



↑の動画が多くの山車や神輿を紹介されていました!
 最初に出てくる諏訪講の山車で僕は太鼓を叩いたり、また2分48秒くらいの箇所にあるような山車の舞台で舞を舞うことをやりました。ただし、僕の役は狐ではなくオカメやひょっとこでしたw 狐は山車が行く先々の家でお祓いの様なこともする大変重要な役なので、その役に選ばれるのはとても難しいかったです(^^;
 あと、この動画で驚いたのが笛を吹いている人が大人数だったりとか女性の若い方だという事でした。僕が参加していた頃は、笛を吹いているのは大人のおじさんくらいの年齢の方しかいない状況でしたので、近年世代交代も進んだのかな?とか、文化を守る側面から伝統芸能教育に力を入れた影響かな?と、少子化も進んでいて祭りの存続が危ぶまれたりもしているので、若い方の多くにこうやって伝統行事が引き継がれていくのはとても素晴らしいことだと思いました(^^



大浦の担ぎ屋台(^^

つい最近になってしったのですが・・
担ぎ屋台というのは全国的にも珍しいそうです。

そんなこんなのこの週末・・

山車や神輿が集まる時間に鴨川駅に降り立った人は相当ラッキーです(・∀・)!

2012年9月6日木曜日

ザナルディがパラリンピックで金メダルを獲得(TT

ロンドン・パラリンピックも後半戦に突入しましたが・・
個人的に一番驚き感激したニュースでしたので記念に投稿しておこうと思います。

ザナルディがパラリンピックで金メダルを獲得

http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=43222

 アレックス・ザナルディ、パラリンピック金メダルまでの道程(F1通信)
http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51853280.html

「ザナルディって誰?」という方もいらっしゃるかと思います。
大変申し訳ありませんが下記を御参照下さいm(_ _)m

 アレッサンドロ・ザナルディ(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3

F1時代のザナルディはCARTの頃の様に活躍は出来なかったのだけど・・

基本的に未勝利ドライバーを応援する僕にとっては個人的にかなり思い入れがあったドライバーでしたので、それだけにこのニュースには本当に驚きそして感激しています!!(TT

2012年9月3日月曜日

ドラえもんのプレ生誕100周年祭?

今日がドラえもんの生誕からちょうど100年前だという事に気づきました(^^;
記念メモ的にBlogに投稿しておこうかとw

・・で、ちょうど100年前ということなので、
「何か記念に行われているのかな?」と調べてみたら・・

ドラえもんが川崎市民になっていました!(笑


■誕生100年前の日、ドラえもんは川崎市民に

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120903-OYT1T00867.htm
(記念に魚拓も取っておきました。http://goo.gl/kUv4D

いや~、これにはビックリなのだけど、
ドラえもんの舞台は練馬区なのに何故川崎市民(?_?;
・・と思ったら、藤子F不二雄ミュージアムが川崎にあるのか~なるほど!!

って、練馬区民の僕は『何か納得出来ない!』って思っていたら、

同じ思いを持っている練馬区民が少なからずいる模様(^^;

■ドラえもんが「川崎市特別住民」に練馬区民「納得いかない」

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1209/03/news132.html

Twitterでもちょっとした議論になっているみたいで・・

なんだか若干トンデモないことになって来ているけれど、
アニメ・キャラに住民票を出すなんて日本だけだよね?(^^;;

それを思うと日本は平和なのかも・・と思うけれど、最近
色々混迷はしてきているな・・ということをヒシヒシ感じている2012年9月3日なのでありました(・_・;

2012年9月1日土曜日

今週のbandcamp 120901

今週聴いたbandcampの中から特に気になったものを紹介(^^
いや、紹介というよりも個人的に気になったアルバムをメモっておく備忘録!

夏の終わりを惜しみつつ・・

 『夏の終わりに聴きたい』で4枚いきます!
割りとストレートにリピートしたいアルバムを選びました(^^;

一言コメントは僕の独断と偏見込みの主観的感想になりますので・・
どうかその点だけは御了承頂ければと思いますm(_ _)m
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
スゴイカッコイイ!且つ物凄いハイレベルな出来(・_・;; いや~これは夏の終わりよりも夏真っ盛りの時に聴きたかったというのが正直な感想でw 個人的には2曲目をハードにリピートしてるのだけど、その他の曲も手の込んだ非常に素晴らしい仕上がりです。また、アルバムのジャケットとタイトルも個人的に琴線に触れるものがありました(^^
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
このちょっとオールディーズ的なサウンド・・かなり良いかも(^^ やっぱり「夏の終わりに聴きたい」という明確な方向性がある場合にはこのくらいストレートな方向で選ぶのが物凄くしっくりくるハズ!・・と、強引に一人納得w ストレートなんだけどアルバム中の曲は性格がそれぞれ違ってバラエティーに飛んでいて聴き飽きないし、FMラジオから流れてくる音楽番組的な楽しみ方も出来るしで、長期間楽しめるアルバムだと感じました(^^ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
アーティスト名とジャケットで選んだのだけど、これが物凄い掘り出しものでした!この男性ボーカルの声の質感が個人的には結構好きで、こういう声で歌えるっていいな~と。僕はヘリウム吸った後の声とか言われる事があるので正直言ってとても羨ましいです(TT 楽曲はストレートな感じなのだけど、それでも音符的に少し変わった事をしているのも感じていて、次回作が出た暁には是非是非チャックしたいアーティストだなと。あと、アルバム名も詩的な感じがして好きです。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
アーティスト名で選んだのだけどw これがナカナカ・・いや、かなり「夏の終わりに聴きたい」という僕の欲求を満たしてくれる素晴らしいアルバム(TT シンプル且つストレートに訴えかけてくるものがある楽曲はスっと僕の心の中に入って来て、リスニングする際の変な邪推フィルター(職業病?)にも引っかからない・・。そういうのって市民権を得て支持される楽曲には絶対に必要だな~と、自分がよく書く複雑系な楽曲との対比で余計にそう感じてしまうものがありましたorz で、今回取り上げたアルバムのうち特に1枚目以外で顕著に表れてると思うのだけど、僕が選ぶ「夏っぽい」サウンドって傾向がかなりハッキリとしていて、それってどうも僕も幼い時にラジオで耳にした音楽の傾向が強い影響を及ぼしているように感じています(^^;; そこら辺に目をもう一度向けてみようかな・・と思う2012年夏の終わりなのでありました。。