2012年6月6日水曜日

拙作のソロ・アルバム・レビューが海外サイトに!(^^

4月24日にリリースした拙作のソロ・アルバム『4406274日後の・・・』が、海外のゲーム音楽系紹介サイト「ORIGINAL SOUND VERSION」にて紹介されました(^^

ORIGINAL SOUND VERSION での紹介記事へのリンク
http://www.nubuwo.com/2012-05-20/kimihiro-abe-releases-solo-album

全部日本語で記載した曲名やPDFブックレットも読み込んでくれた上での楽曲の詳細なレビューです!!いや~、よくこんなドマイナーかつマニアックなアルバムを取り上げてくれたな~と、大変な感激で胸がいっぱいです(TT

レビューを担当された
ORIGINAL SOUND VERSIONのPatrick Gann様、素晴らしいレビュー本当にありがとうございましたm(_ _)m


・・で、以下ちょい余談。
外国ってゲーム音楽系サントラのレビューが本当に充実していてスゲー羨ましい!w

・・て本当に思うんですよ~(^^;
上記のOSVとかsquareenixmusic(これ本家スクエニでないっていうw)とか、探せばもっと出てくるのだけど、日本国内の事情と比較するとそれはもう雲泥の差で海外レビューの方が取り上げているサントラの数から質までもう圧倒的勝利!

残念な話しだがこれ真実なのです(^^;;

マイナー・タイトルのサントラやアレンジアルバム等も取り上げているし、それらの中には輸入しないと聴けないようなものもある。そういった普通の視点では完全に埋もれてしまう様なサントラも拾い上げているのには本当に頭が下がります。


僕も作曲で参加した『真剣で私に恋しなさい!S』のサントラも現状だとOSVでしか取り上げられていないっていう現実(TT

http://www.originalsoundversion.com/basiscapes-filthy-porn-soundtrack-oh-samura-girls-s-music-collection-review/

そういったマイナーなタイトルを取り上げているだけでもかなりスゴイと思うのだけど、僕が一番感心してしまうのはレビューする事に対して公平な眼を持ってるな・・ある種冷めた眼を持って慎重に深くレビューしているな・・と感じる点です。


日本のwebサイトでもサントラ・レビューを見かける事があるのだけれど、何か偏愛が入りすぎていて「レビュー」になっていないものがほとんどって気が(・_・;; 


ちなみに電波人間の英語レビューは以下↓↓

http://squareenixmusic.com/reviews/chris/denpaningen.shtml 

僕の英語力はかなり弱いので微妙に理解不足かもしれないですが・・
サントラに作曲で関わった作家の曲についての記述、各曲とそれぞれの関連性のつけ方とそこから生じる問題・・と音楽的に相当深~いところまで触れている。
「レビュー」するってなったらこのくらい踏み込んで書いて欲しい!

まぁ、突然には難しい気もするので・・

上記で紹介したようなサイトのレビュー・スタイルを踏襲してみるとか、音楽批評本・CDの新譜紹介等々を色々読んでみるとかして勉強すれば、レビューの深淵に踏み込んで行く一歩にはなるんじゃないかなと(^^;;
あと、海外のゲーム音楽事情にも視野を広げてみることで、国内ゲーム音楽事情に対しての見方も変わってくるんじゃないかな?っと。

余談の方が長くなりましたが、
今日はこのへんで~

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。