2012年6月30日土曜日

今週のbandcamp 120630

今週聴いたbandcampの中から特に気になったものを紹介(^^
今週はインディーズ・ゲームのサントラで選んでみました!
いつも通り少し変わった視点でお送りしていきますw

一言コメントは僕の独断と偏見込みの主観的感想になりますので・・

どうかその点だけは御了承頂ければと思いますm(_ _)m
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
外国のインディ・ゲー「Escape Goat」のサントラ。音楽はやや古風な昔のゲーム音楽テイストがあるような感じかな・・と。個人的にはやや懐古趣味的なのが気になると言えば気になるのだけど、ゲームはパズルアクションとして難易度も相当高そうで遊びごたえがあり面白そうですよ→(youtube)。このサントラが特に面白いのは外人の方が作っているのに、日本のユーザーを意識してなのか帯に記載された文字が日本語という点!中身も重要だけど思わずクリックさせてしまうような外側の雰囲気作りも重要です(^^

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
このClosureは最初にゲームのムービーを見てその雰囲気にやられ・・音響系の音楽にも相当やられた記憶があったのだけど、サントラを聴くと「あれ、あの時の印象よりもマトモな曲が多いなと(^^:」。人間の記憶はそれ程曖昧w だが、それでもこのClosureの音楽は「こんなにスゴイ音楽がインディ・ゲーで使われているのか!?」てビビるんじゃないかと・・少なくとも僕は物凄いビビったし、今あらためてその凄さを感じています(^^; 海外でのインディ・ゲーの凄まじさを音楽から感じて頂ける一品だと思います。必超聴です!!
ゲーム本編の話もちょっとします。ゲームのグラフィックは白黒2色なのだけど、これがゲームの雰囲気にバッチリあっている!このセンスがまずスゴイ、、こういうの日本だと絶対にないと思う(^^; それに加えてゲームの肝となるアイデアがとても面白くて、それは恐らく人間誰しもが感じる恐怖から着想したのかな?と個人的には推測しているのだけど、それをゲームとして成立させたところが本当に感心してしまいました(・_・ ゲームも遊ぶべし!!
←ゲームの参考ムービー(僕が最初に見た時のムービーではありませんが)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
これは 「Indie Game: The Movie」というドキュメンタリー映画のサントラになります。映画の方はインディーズゲームクリエイターを題材としたもので、今年の2月にサンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞されたので、もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかと思います。サントラの方をあらためて確認してみたら、インディ・ゲーを題材にした映画だけに普通のサントラではおさまらない面白い曲がテンコ盛りのアルバムになっていました(^^ オススメです!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ちょうど一年程前にWiiWareで配信されて話題になったゲームのサントラです(^^ 以下に、紹介したのはDisc1のみですが、LA-MULANAのサントラは全部でDisc3まであります!超絶的なボリュームです(><) また、ゲームの開発元のNIGOROさんのサントラはbandcampで他にもリリースされているので要チェック!(^^
余談ですが、サントラの配信という事に関しては、いつでも購入できる配信には僕は大賛成で、また大手でも無い限りCDを在庫を持つというのは相当にリスクが高い事を思うとインディ・ゲー・メーカーからのサントラリリースについては「配信」という方法が現状ベスト言えるんじゃないかと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。