2012年3月5日月曜日

NHK『マエストロの白熱教室~指揮者・広上淳一の音楽道場~』

TVに母校が出るなんて滅多にないのでチェックしました。
いや~、この番組とても面白かった!!
放送時間20分だったけど、
個人的には1時間枠で見てみたい内容ですホント。

以下、点線内NHKサイトからの引用になります


3月5日(月)【4日深夜】午前0時40分~1時00分
ドキュメント20min.
「マエストロの白熱教室~指揮者・広上淳一の音楽道場~」

ひと振りでオーケストラを動かし、極上の音楽に仕上げる指揮者。

今、東京音楽大学の指揮科が、ユニークな指揮者養成カリキュラムで注目を集めている。指導するのは、奇才・広上淳一教授。

欧米の主要なオーケストラの指揮台に上がった広上が、何より重視するのは、指揮者本人の「人間力」。学生に実際のオーケストラを指揮させ、世界のマエストロとイマドキの学生たちが真剣勝負でわたりあう「合同レッスン」に密着する。


何が面白かったかというと・・まずは、、

「指揮科の卒試はこういうスタイルなのか!」
・・という純粋な驚きw
お恥ずかしながら今日はじめて知りました(^^;
作曲科は卒業作品を提出して終了でしたので・・
あまりにも違い過ぎてなんとも。。

演奏審査の卒試の結果は後日知らされるのだと思いますが、

試験演奏終了後に先生方からの講評があるという…
それ故に指揮台は「死刑台」と呼ばれているらしいw
プロ指揮者とプロ演奏者からの視点で、
ズバズバ言われるのは確かに死刑台だと思うのだけど(・_・;
「なるほど・・そういうところを見ているのかぁ。」という事がわかって、
音楽を作る、、どう演奏して欲しいのかを伝えるという意味で、
とても考えさせられ勉強になります。
(作曲のレッスンも大体そんな感じではある)

余談。作曲科も優秀作品の2つは演奏されるのだけども・・

「死刑台よろしく」で作曲科生の作品全てを演奏して、
すぐ作曲家の先生方からの講評だったら面白いかもしれない(^^;

話が脱線してしまいましたが、

2つめに面白いなと思った事は学生の修行時代を見られる事じゃないかと。
自分も同じ様な場所にいたので思い出し補正が多分にあると思いますが(^^;

試行錯誤と葛藤とを繰り返して

自分にしか持ち得ない何かを懸命に探し求めるという行為を
一番没頭出来る時間があの時じゃないか?と。
商業主義的世界に入る前に純粋に音楽に没頭している友人・先輩・・・
そして先生(3つまとめてライバルともいえるw)達に出会って、
その中で自分も音楽に没頭していけるっているのは、
後で振り返ると物凄~く幸福な時間になっている事を、
今になってヒシヒシと感じている自分がいます(・_・

・・で、この番組。

もう関東でのTV再放送はない樣です(TT

[再放送]

総合 月曜 午後3時40分~4時※関西地方は放送はありません。
総合 金曜 午前11時05分~11時25分※首都圏、東北地方は放送はありません。

ですが、NHKオンデマンドでは30秒くらいの番組告知PVがあります。
もしこれで気にいったら購入で全内容を見られては如何でしょうか?(^^

■NHKオンデマンドでの「マエストロの白熱教室~指揮者・広上淳一の音楽道場」

http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2012036683SC000/

■東京音楽大学のプレスリリースPDF

http://www.tokyo-ongakudaigaku.jp/concert/pdf/201235nhkhouei.pdf

■NHK ドキュメント20min.
http://www.nhk.or.jp/program/20min/


番組を見ていて色々と学生時代を思い出す事もあったので、

時間があるときに作曲科時代の話でもしようかと・・
いつになるかわからないので気長に乞うご期待という事で(^^;;

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。