2012年1月9日月曜日

『輪廻のラグランジェ』第一回を見て。

僕の出身地が舞台という事で見てみました(^^

年末にニコニコでも先行放送してましたが、

一般会員だった僕はOPの歌の途中で弾き出されw
に見られたのが声優さんがお別れの挨拶をしているところでしたorz

まぁ、それはそれとしてw


冒頭から自分の知ってる場所・・

子供の頃に遊んでた場所が出てきて「おお~」と声を出してしまったw
そんな思い出の場所でアニメ・キャラが動いてる事が不思議に思えてきたりして、
アニメ聖地になってる地元民はみんなこういった気持ちなのかな?(^^;;

・・で、

海が大変綺麗に描写されていて非常に嬉しかった!(><)
これは現実を超えた美しさがあって・・例えると、
「僕の記憶の中にある海の美しさってこんなだ!」とw
今の季節だと10~14時くらいの海の煌きに近いかも・・
(第一話を見ると季節は夏だと思いますが)

まどかが一日の始まりにお祈りしていた前原横渚海岸
注1・・
僕は高校三年に上がる前まで海岸へ徒歩1分の所に住んでいまして、
小学校時代は季節問わず海に遊びに行っていました。
流石に冬は海には入りませんが(^^;;
流木を集めて焚き火をしている年輩の人が結構いたので注2
そこに混ぜて貰ってまったり焼き芋をしたり・・と、
個人的に非常に思い出が沢山ある場所です。

魚見塚の展望台も良く行きましたが景色を見に行くというよりも・・

帰りの坂道をノンブレーキ走行で粘るという遊びをする為に良く行きましたw
子供の頃のこういった何気ない遊びが今は貴重な体験だと思えてくる(^^;;

まどかの従姉妹のお姉さんが「鴨川で一生過ごすのか?」という話をしていた場面。あの場面のあのセリフを聴いた瞬間、高校生の時に中学一緒で高校は別になった友達と道端で偶然会って話した時の事が急に蘇ってきた(・_・;;
「鴨川は良いけど仕事をするには・・」とか「将来は戻って来たい・・」とか、
そんな話をしたなぁ・・田舎民が一度は必ずする話だと思うけど。

・・と、

話がかなり脱線してしまっているけどw
主人公が元気なのが良いですね!!
ロボットに乗るって悲壮な思いで乗るってケースが多い気がするので(^^;;
あと、音楽!!とても素晴らしかった・・
あそこまで映像とシンクロして合わせてくるのは久しぶりにみた気がします。

これからどういった展開になるのか?アニメは盛り上がるのか?

・・と、地元民も心配していると思いますので(^^;;
スタッフの皆様どうか何卒良い作品を宜しくお願いします~m(_ _)m

そんな感じで、

自分もこのアニメの感想を書くのは今回だけにして、
今後の展開を黙って見守ろうと思います(^^
(アニメの感想がホボなくて申し訳ない)

最後に、やや老婆心かもしれないのですが(^^;;

聖地巡礼される方々に向けて念のためにお伝えしたい事が少々・・

海水浴場以外では絶対に泳いではいけない!!

地元の人でも海水浴場以外では絶対に泳がないので(・_・;;

基本的にサーファーがサーフィンしている場所は
海水浴には適さない潮の流れをしていると思って良いです。
前原横渚海岸も海水浴場にはなっていますが潮の流れは結構早め・・
またシーワールドの下に広がる東条海岸は綺麗ですが、
あそこの海岸は潮の流れが早くて大変危険です。

あと、南房総は交通の便(主に電車・バス)があまり良くないので、

鴨川駅前のレンタカーやレンタ・サイクルの利用を考えた方がいいかも(^^;

>カモチャリという名前のレンタ・サイクルサービス

注1
前原横渚海岸
子供の頃は前原海岸って呼んでいたのだけど、
あの地区に住んでいた人だけが前原海岸と呼んでいたのかも・・

注2
流木を集めて焚き火をしている年輩の人が結構いたので
今の時代では焚き火って法律的に駄目かも。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
■極めて個人的な話かもしれない話・・


書こうかどうか悩んだ事なのだけど・・

自分の生まれ故郷が舞台のアニメが放映されるのも何かの縁かも…と思い、
少しだけ記載しておく事にしました。

昨年の原発事故がなければ・・ってホント思います。

あの事故が農業・漁業…それらを含めての観光業の全てを、
ブっ壊してしまったなぁ、、とorz
それらで成り立ってるのにそれらが駄目となったら・・
(南房総だけでなく関東・東北圏全体としても)

昨年のGW後に地元で旅館業を営む友人に話を聞いたのだけど、

同業者の中には廃業を考えている人もチラホラいる・・という話でした。
その後、夏場に少しお客さんは戻って来たとの事でしたが、
それでも例年の半分ほどだったそうです・・
こういった被害については東電への損害賠償請求をするらしいのですが、
千葉県の観光業は東電賠償対象除外されている状況(TT
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/09/05/kiji/K20110905001557240.html


現在の放射性物質に関しては、
県と各市町村で測定したものを公表していますが・・
それをどこまで信じるか…という問題もありますよね。。
何かしら…参考程度にはなるのでは?とくらいの信ぴょう性か(・_・;
(海産物に影響が出るのはこれからとも言われているし・・)

>鴨川市の災害情報ページ

http://www.city.kamogawa.lg.jp/JP/0001/0207/index.html

>千葉県の放射線・放射能関連情報のページ
http://www.pref.chiba.lg.jp/kouhou/saigai/h23touhoku-houshasen.html

あの事故が無かったならば僕も声を大きくして「是非、鴨川へ~」と言えるけど・・
こういう状況になってしまうと正直相当思い悩む物があります。
放射性物質の危険性も十分に考慮したうえでの御旅行を・・
としか言えないです(TT

そんな状況の中を南房総地域に観光にいらっしゃって・・

少しでも楽しめる物があり、思い出に残る物が僅かでもあったならば、
これ以上の幸いはありません。

あまり文章的にまとまらず・・

乱文長文失礼致しました。m(_ _)m

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。