2011年12月15日木曜日

打ち込みの木管サウンドの件 その2

昨日の話の続きなのだけど(^^;;

↓の様なソフトを買ってしまうのが、製作時間を考慮すると一番良い気が
(汗


こういうタイプのソフトにありがちな話として、
途中まで当てはまって良い感じで来たトコロに・・
特殊な事をやってる箇所で、どうにもこうにもはまらない感じになってしまい
「どーしよう・・」という状況に僕は出くわしそうという漠然とした不安が(汗
普通の事をやってる場合は大丈夫だとは思うのだけど、
ちょっと複雑な事をしてしまう僕には導入に関して若干の躊躇アリ(^^;;

それにしても、

この動画をみると様々な奏法があるみたいなので、
「便利そうだなぁ~」と羨望の眼差しの僕と・・
オーケストラの事をあまり知らなくても使えちゃうっていうのは、
ちょっと心境的には複雑な物があるな・・という僕がいます(^^;;

譜面を読んで勉強しなくても使えるというのと、

自分が高校生くらいにこういうソフトがあったら・・と思うと、
僕の作風も相当変わっていたんじゃないかって(・_・;;

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。