2011年12月31日土曜日

『21seiki Techno Shonen2011』を公開(^^


2007年に海外の音楽投稿サイトsampleswapにemanonというペンネームで投稿した曲のりメイク版をup致しました。3年ぶりくらいに聴いてみて、もう少し音を整理したらもっと聴けるかも・・とフト思いまして、夏くらいにジャケットだけ先に作りモチベーションをあげ(^^;; 
あとは仕事の合間を見つつ作業を進めてギリギリ年内にナントカ完成(汗 

基本的には「元曲である2007年版の音素材を使って何とかしよう」がコンセプトなので、 
音色データが飛んでいたシンセ音色を1個作りなおしたのとwindchimeを追加した以外はEQとエフェクトで何とかしてみたのでした。 2007年ver.からどこが変わったのか?そういうのも楽しめるのでは?と思います(^^
(2007年ver.の音の多さには自分でもビックリしてしまったw)

もう少し音の加工を作り込める予感もしているのだけど、現状では余り上手く行かずorz 
また、数年後の再戦はあるかもしれない?・・と、謎を残しつつ曲解説を終わるのであった。。

■Original ver.(2007) 

■余談 今年を振り返って
今年は曲を書く仕事以外での出来事が多い年でした。
特に4starのイベントでファンの方々と直に接する事が出来たのは、
僕自身にとってとても貴重な体験だったと思います。
「普段どんな方々が曲を聴いていらっしゃるのか?」という疑問が常日頃からありましたが、ち直でお話出来た事でそれらの疑問が少し溶けて、「もっと良い曲書かねばー!」という思いを新たに致しましたm(_ _)m

また、今年は去年よりも現代音楽系のコンサートにも足を運びまして、
それらを通じて新たな出会いがあった事や学生時代の演奏友達との交友が復活した事、とても刺激になりました。来年はそっち系でも何かやりたいなと(^^

あとは、やっぱり震災と原発の話。。
日々の暮らしをひっくり返してしまう事でした・・
今年も色々あった・・とは毎年言ってる気がしますが、
それでも2011年は自分にとっても忘れられない年だったと思います(・_・;;

そんなこんな、、
今年一年皆様ありがとうございましたm(_ _)m
それでは良いお年を~

2011年12月25日日曜日

『StarDrone Extreme』のTrailer



映像を見て「ああっ!」と。
これ・・以前に他機種で出ていた物の移植物じゃないか!?と
記憶の奥底にずっと眠っていた記憶が動画を見た瞬間に蘇ってきた(^^;;

そうか・・PS Vitaでも出るのか!


・・って僕はVita持ってないないのですが(´・ω・`)

調べてみたら前作(といえるのか?)はPC/PS3/iPAD/Macで遊べる様です。
そして値段がかなり安くてビックリしてしまった(^^;
http://www.stardrone.net/

正月の帰省時に読む用自分メモとして開発者インタビューのリンクも貼っておく!
http://www.movemodo.com/news/2011/03/interviews_beatshapers_and_orb_games_stardrone

2011年12月24日土曜日

12月24日に聴きたいクラシック曲? ベタじゃないようでベタな選曲?

クリスマスとの事なのだけど・・
僕にとっては極々普通の土曜日を迎えておりますw
ただ、例年に比べ仕事の年末進行度合いが、
少なめなので若干平和な印象はあります(^^;;
(それはそれで収入に直結するので考えものではある)



・・で本題。
クリスマスの日に聴くクラシックと言ったら
やっぱりアルバン・ベルクの・・
それも遺作のヴァイオリン協奏曲の一択でしょー!(゚∀゚)

それは今日がベルクの命日だっていうのがその理由なのだけど・・

まぁ、世間一般の感覚とは大分ズレてる様な気はするし、
現代音楽方面からみたら極めてベタなネタ過ぎだろう・・という気がorz

上記の動画はベルリンフィルのyoutubeチャンネルの物で、
この映像の演奏部分は第一楽章の途中の箇所なのだけど、一楽章冒頭10小節程の部分なんかは、現代音楽アレルギーのある人でも「おお!」って思うんじゃなかろうか?(^^;


全く個人的な話として、第二楽章の冒頭から1分程のヴァイオリンがガシガシと演奏する箇所がお気に入りだった僕は自分の目覚まし用に着メロを作った事があるw
それもsmafのMA3形式で弦とティンパニはサンプリングを使って相当気合を入れて作ったやつでした(^^;;

・・と、着メロの話はさておき・・
ベルクのヴァイオリン協奏曲は有名な曲なので動画も他の方が演奏されている物が数多くあります。クリスマスというこの機会に、まだの方にオススメです~



ベルリンフィルのチャンネルを見てたらクリスマスネタでこんなのもあった(^^



なかなか面白い!

チェロで効果音をやる所は映像を見ないで音だけ流してみるといいかも(^^

上記の動画群に関連した話題で、

ベルリンフィルの取り組んでるデジタル・コンサート・ホールという取り組みがあって、これが非常に面白いので近日中に取り上げてみようかなと(^^

2011年12月21日水曜日

アルヴォ・ペルトのフラトレスの意外な演奏


'Fratres' pour console no-input (extrait) from Christian Carrière on Vimeo.

知り合いの人に教えて貰った映像なのだけど、
流れている曲は何とオーディオのフィードバックで演奏しているのだ!
映像を見るとわかりますがフェーダーを上げ下げして
旋律を浮かび上がらせているんですね(^^

使われている音はオシレーターからのシンプルな波形の様な音だけど、

このなんともいえない浮遊感と現実からかけ離れた幽玄な音世界・・
これはちょっと生の楽器では成し得ない境地に足を踏み入れている気がする(・_・

それも、選曲がペルトのフラトレスというのが渋い!

2011年12月17日土曜日

ブラウザ・ゲー『Bicicletas: Hoy』 映像だけ見るとかなり謎かもしれない(^^;;



このTrailerを見ただけでは恐らく何がなんだか分からないと思う(^^;;

ルールは歌詞が中に入ったシャボン玉やスターを回収していくだけ。

ステージも1つだけであっという間に終わってしまいますが、
とても素敵な時間を過ごせた自分がいます(^^

「みんなのうた」や何かのPVっぽい映像をゲームにしてしまった様な
不思議な世界で、とてもファンタスティックな温もりを感じるゲームでした。
これは、年末進行で心身共に疲れている方にオススメかも(^^

ゲームのタイトル画面の下に表示されている
BICICLETASという文字をクリックすると同名のバンドのページに飛びます。そこで知ったのですが彼らのアルバム「Quema」中の1曲「Hoy」がこのゲームに使われてました。
・・というよりもゲームタイトルのまんまですw
詳しい事は分かりませんが、もしやアルバムPR用のゲームなのかな?(^^;;
だとしたら、これはナカナカ面白い試みな気が・・僕もこういうのやってみたいなw
あと、彼らのアルバムの曲・・・ナカナカ良いです!こちらもオススメです。

・・と、

年の瀬に出会ったこの素敵なゲームと音楽を堪能したところで、
僕は年末進行作業に戻るのであった(TT


■Bicicletas: Hoy(ここでプレイ出来ます)

http://www.videogamo.com/#bicicletashoy

■BICICLETAS(ゲームと同名のバンドのサイト)
http://www.bicicletas.tv/

2011年12月15日木曜日

打ち込みの木管サウンドの件 その2

昨日の話の続きなのだけど(^^;;

↓の様なソフトを買ってしまうのが、製作時間を考慮すると一番良い気が
(汗


こういうタイプのソフトにありがちな話として、
途中まで当てはまって良い感じで来たトコロに・・
特殊な事をやってる箇所で、どうにもこうにもはまらない感じになってしまい
「どーしよう・・」という状況に僕は出くわしそうという漠然とした不安が(汗
普通の事をやってる場合は大丈夫だとは思うのだけど、
ちょっと複雑な事をしてしまう僕には導入に関して若干の躊躇アリ(^^;;

それにしても、

この動画をみると様々な奏法があるみたいなので、
「便利そうだなぁ~」と羨望の眼差しの僕と・・
オーケストラの事をあまり知らなくても使えちゃうっていうのは、
ちょっと心境的には複雑な物があるな・・という僕がいます(^^;;

譜面を読んで勉強しなくても使えるというのと、

自分が高校生くらいにこういうソフトがあったら・・と思うと、
僕の作風も相当変わっていたんじゃないかって(・_・;;

2011年12月13日火曜日

急に師走感が出てきた(^^;;

タイトルのまんまですw
12月入った瞬間は、そーでもなかったのだけど(^^;;
先週から急にアワアワとして参りました。

で!

11月末にPCのメモリを増やしたのを機に、
今まで使っていたオーケストラ用テンプレートの木管を増強しまして、
これを早速使う機会があったのですが・・
いや~想像以上に効果があったなと(^^

打ち込みのみのオケ物では、

ストリングス+ブラス+打楽器でイケイケの押し押し!
・・という曲が割りと多いような気がしていますが、
やっぱりtuttiで木管を重ねてる方が、
よりオーケストラサウンドになるような気がしてましたので、
まぁ、狙った通りの・・いや、それ以上の手応えを感じております。

・・が、

木管合奏で鳴るあの「木管サウンド」を出すのは異常に大変w
音量と音色の兼ね合いのバランスをとって木管サウンドにするのが難しい(・_・;

時間的に余裕があればやった方が絶対に良いけど・・

その辺も見極めて曲製作段階から仕込んで行く感じですね。。
現状は、狙いの木管サウンドが出来たら、
それをテンプレートとして保存しておく以外には対処の手が無さそうなので、
新木管テンプレートセットでせっせこ曲を作ろうと思います~(^^;;


それとは全く関係のないお話ですが・・
今日は2011年12月13日14時15分16秒17181920.....
・・というような時間があった事をメモしておこうとw
その頃、僕はちょうど昼ごはんを食べていました。
トーストとバナナで済ます軽い食事です(^^;;

ではでは~w

2011年12月6日火曜日

昨日の続き、、空き地にある謎の物体の正体

あの広大な敷地内にポツンとあるあの物体の正体・・
それは・・

『地球釜』


グーグル等で「地球釜」と「金町」で検索すると、

色々な情報が出てきますのでそちらを参考に(^^;;
・・というわけにもいかないので、ちょっとだけ解説。
(ネットで得た知識ですが・・汗)

あれは三菱製紙中川工場で使用されていた地球釜で、

直径は5m程あるそうです。
写真で見ると大きさが良くわかりませんが、
かなり大きいのではないかと思います。
えー、実は僕・・直接見た事はありません(^^;

それで、あの地球釜で何をするのか?・・というと、
あの中に古紙をいれて蒸して紙を柔らかくするのに使用するとの事。
現在は空き地の場所に置かれておりますが、
今後は金町のシンボルとして保存される事が決定しているそうです。

以前の金町周辺は工場地帯だった様なのですが、

最近は工場も少なくなりつつあるとか・・
その辺の時代の流れを追ってみるのも面白いかも(・_・

そんな地球釜の事を知ったのは以前日曜日に放送されていた

TBSラジオ「伊集院光・日曜日の秘密基地」の中の1コーナー
「秘密キッチの穴」での放送を偶然聞いたからなのでした。
最近、テレビ東京のアドマチック天国でも取り上げられていたので、
この地球釜の事を御存知の方は割りと多かったんじゃないか?と(^^;;;
2011年7月23日放送の「葛飾 金町」の回

デハデハ・・また、不定期なクイズでお会いしましょう~

2011年12月5日月曜日

空き地にある謎の物体・・・


大きな地図で見る

唐突にクイズをやってみようかと(^^;;
面白いものを見つけた時の不定期連載と言うことで・・

そんなクイズの記念すべき第一回は空き地にあるこの謎の物体。

地図の縮尺を変更するとわかりますが、
これが広大な空き地の中にポツーンと存在しております(・_・;

さてさてこれはなんでしょうか?(^^;;

答えは明日発表という事でデハデハ・・

2011年12月4日日曜日

メタボリズム展が開催中らしい(^^

夕飯を食べつつEテレを見ていたら『メタボリズム未来都市展』が開催中との事。
最近、展覧会等に足を運んでイないので行ってみようかと思います(^^

■メタボリズム未来都市展(2012年1/15まで開催)

それにしても、メタボリズムって久しぶりに名前を聞いた気がします。
学生の頃に現代美術から現代建築にも興味を持って、
大学近くのLibroやジュンク堂で立ち読みして知識を仕入れたっけ(^^;;
図書館や大学でも本を借りたけど、
それだけでは足りなくて立ち読み・・あの手の本は高くて(TT

・・で、
メタボリズム運動に関連する音楽で、
一柳慧さんの曲で「生活空間のための音楽」という曲がありまして、
これがナカナカ面白い曲なのです(^^

「生活空間のための音楽」(少しだけ視聴出来ます)

上記サイトより曲解説部分を引用致します。
『大阪万博で使われた「生活空間のための音楽」は、建築家黒川紀章の建築論を初期のコンピュータによる合成音声が読み上げる、音楽なのかどうかワカラナイ摩訶不思議な作品。』

この音声合成の部分がいかにも「合成」という感じで味があります。
大阪万博を訪れた人々が夢見た未来の姿がそこにある様な・・
そんな事をフト思いました。

上記のCDを出しているオメガポイントからは電子音楽のCDが多数出ていまして、
それらはどれもこれも非常に面白いものばかりなので、興味があったら手に入る内に手に入れておくのが吉かと(^^

2011年12月3日土曜日

意外なトコで目にした「All your base are belong to us.」ネタ(^^;;

今日の午後、何気な~くFL STUDIOのマニュアルを見直していたら・・・


スピーチ機能の箇所でサラっと「All your base are belong to us.」ネタがw

このネタが流行ったのは結構前の話なので、
以下のwikipediaでの解説を御参照下さい~(^^;

■「All your base are belong to us.」 


・・で、自分で上のwikipediaみたら、
FL STUDIOの事も記載があった(^^;; ズコー

話はつい先程。

今日のTechCrunchを見ていたら「かつてインターネットを作ったDARPAがシュレッダーにかけた文書を復元するコンテスト」の結果が出ていました。
これの優勝チームのチーム名が・・

”All Your Shreds Are Belong to U.S.”

(シュレッダー屑も合衆国の所有物)

ちょっともじってある(^^;;

いや~同じ日に東亜プランネタが思いも寄らない形で・・それも2つも!

こうやって僕の前に降ってくるというのは人生で1度あるかどうかでは!?
・・と思いまして「日記として残しておこう!」と思いましたw

TechCrunchの記事

http://jp.techcrunch.com/archives/20111202all-your-shreds-are-belong-to-u-s-wins-50000-darpa-shredder-challenge/

2011年12月1日木曜日

海外ゲー『Burn & Turn』のTrailer 弾幕系ディフェンス(^^;?



Trailerを見ただけだとイマイチ良く分からないのだけど(^^;;
弾幕系ディフェンスゲーなのかな??
いろんなハードで遊べるのは素直に嬉しいです(^^

全容がよくわからないのだけど・・
個人的にかなり気になるゲームなのでメモ的に残しておきます。


■Robot Bear(開発元)

http://robotbear.org/