2011年9月14日水曜日

『Whistle of Hope』春先に偶然ラジオで耳にした曲

今年4月、TBSラジオで放送されたある番組・・
その番組中、系列局を紹介するコーナーがあり、
系列局のラジオ福島の番組が少しだけ放送されたのだけど、
その時にラジオから流れてきた『Whistle of Hope』という曲が、
やさしい感じのメロディーと子供のコーラスが印象的なとても素敵な曲で・・

歌が流れ終わった後、
即効で調べ何とか公式サイトにたどり着くも、
その時は公式サイトに音源は無く・・
いつか音源がアップされるのかな?と気長に待っていたが、
忙しさにかまけているうちに忘れてしまい(^^;;

今さっき、随分久しぶりに確認したら・・
高音質盤がupされていたのでした(TT
この機会に是非一度聴いてみてください!(前置きが長すぎですね・・

↓のTopページ右側の少し下に英語版とスペイン語版があります。

■Whistle of Hope

http://whistleofhope.org/

その時のラジオ放送・・こちらを先に聴いた方がいいかも。



↑の放送中、このWhistle of Hopeという団体に関して
「音楽ツールを使って子供たちの為の平和活動を推進している」
という説明があるのだけど、
そういう活動をしている人もいるんだなぁ。。
・・と、今の自分の活動と照らし合わせると、、
色々と考えさせられてしまう物が正直言ってありますね(・_・;;

そんな複雑な個人的心境もあるなか
久しぶりに聴いたこの曲・・
やっぱりいい(TT


■余談
子供の為の音楽教育でいうと、
ベネズエラのエル・システマが有名だと思います。
これについては過去にNHKの海外ドキュメンタリーで
放送された事もありましたので(NHK-BSだったかも)、
御存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこから出てきたのが近年話題に上がることも多い
グスターボ・ドゥダメルという指揮者で、
彼のコンサートプログラムは選曲がとても面白くて、
個人的には最近イチオシの指揮者です(^^

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。